メインイメージ画像

大体の予算は香典の半額〜1/3程度

一般的には香典返しの予算についてはどのぐらいが相場なのでしょうか。基本的には香典というのはお供え物ですのでお返しは必要ないものですが、今では貰ったお香典の額の半分程度のものをお返しする半返しだったり、3分の1程度のものをお返しするのがしきたりとなっているようですね。ですから、香典返しの予算はお相手によって変わったりしますが、お香典の額に関係なく同一の物を葬儀の当日にお贈りする即日返しといったものもあります。

葬儀の後の香典返しにも多様なしきたりがあり、悩みが付きものでしょう。

例を挙げれば香典返しの品物を送る時期や礼状の書き方、品物の選び方、その他の多様な暗黙のマナーなど、これらはその地域によっても全く異なり、それを知らないがために後々トラブルに繋がったケースもあるようです。後悔しないためにも、インターネットや書籍などで事前によく知識を得て、そしてその地方のマナーも把握することが妥当と言えます。

一般的には香典返しにおいての定番の品物というとお茶やお菓子などの食品や洗剤やタオルセットなどの日用品関連、いわゆる消え物が無難と考える方が多いようです。

最近ではそれらの他にも贈る相手に選ぶ楽しさを味わってもらうといった意味でもカタログギフトを香典返しの贈り物として選択する方も増えつつあるようですね。受け取る側が欲しいものを選択できるので、お相手に好まれるか否かでいうなら外れの確率が少なく合理的な品と言えるでしょう。